topimage

2010-12

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も、ありがとうございました。 - 2010.12.31 Fri

merci

今年もあと1日になりました。
日々、いろいろと忙しくなり、なかなかコメントや遊びに行くことが
出来なくなっておりまして、仲良くして頂いているお友達には、
申し訳ないなぁ~と思っております。
更新も中途半端で、一時やめてしまおうかと思ったこともありましたが
遊びに来て頂いている方も、お友達も、いて下さるので、もう少し頑張ろうと
今は、思っています。
コメント欄も、お返事が遅くなって申し訳ないなと思って、現在閉じさせて
頂いております。
来年も、こんな感じのブログになるかと思いますが、お時間のある時に
いつでも、遊びに来て頂けると嬉しいです。
寒さも厳しくなって来ました。皆様も、お体に気をつけて、良いお正月を
お迎え下さいね。
今年もありがとうございました。来年も、どうぞよろしくお願い致します。

Marie

merci1


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。



スポンサーサイト

ピオニーブーケ(芍薬の花束) - 2010.12.29 Wed

最近のセリアさんの造花に、注目しています。
100円なので、それなり感はありますが、それでも、色やお花の形が
なかなか綺麗なものがあるので、前回、見つけたアンティークチックな
お花は、リースにピッタリでした。

Paeonia

今回、見つけたピオニー(芍薬)のブーケも、なかなか綺麗です。
しかも、ボリュームがあって、3本セットで、105円。
色も、ホワイト、ピンク、ローズの3種類ありました。
お値段の高いピオニーの造花と比べると、花びらや茎など、ちょっと
ココロモトナイ感じですが、それでも、3本まとまっていると、かなり
華やかです。

Paeonia1

お店で見た時、これは、綺麗だなぁ~~~って、一目ボレ。
色も3色悩みましたが、ホワイトが落ち着いていて、綺麗だったので、
こちらに決めました。ピオニーのブーケを飾っただけで、とっても華やかに
なりますね~~。
そこだけ、春が来たような、何とも言えない優しさと可愛らしさと華やかさが
あります。そのまま飾るだけでも綺麗ですが、これは、何か作れそうな予感が
します。まだ、頭の中では、どうしよう~~こうしよう~~とまとまって
いませんが、ぼんやりイメージだけは、出来つつあります。

Paeonia2

う~~ん、う~~~んと考えて、また何か出来ましたら、ご紹介したいと
思います。


ボタン科 多年草
学名   Paeonia lactiflora
原産地  中国北部~シベリア、朝鮮半島北部
草丈   60~90センチ
花期   5~6月
花色   白、黄、ピンク、紅、赤、紅紫など

花言葉・・・・・・「恥じらい」「はにかみ」「内気」「清浄」

Paeonia3



kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。



デンマークの幸せを呼ぶコイン - 2010.12.27 Mon

ブログのお友達のreikoさんから、素敵なコインを頂きました♪
世界で一番幸せな国と言われているデンマークの幸せを呼ぶコインです。
デンマークの1クローナコインには、女王マルグレーテⅡ世のイニシャルMⅡと
王冠が、幸せのシンボルであるハートマークとともに刻印されています。
ヨーロッパでは、願い事を書いてハッピーアイテムと一緒にしておくと
願いが叶うと伝えられているそうです。

coin2

世界には、こんな可愛いコインがあるんだ~って初めて知りました。
王冠にハートマークのデザインも、とっても可愛らしくて、見ているだけで
願いごとが叶いそうな気がします。
早速、カードにお願いごとを書いて、お守りとして持ち歩こうと思います。
reikoさん、素敵なプレゼントありがとうございました♪
幸せグッズ、大好きなので、とっても、とっても嬉しいです。

coin3

癒し系グッズもありがとうございました。ホッと一息、香りと可愛さに
癒されましたよ。
reikoさん、お仕事忙しいようで、大変ですが、お体に気をつけて、
頑張り過ぎないように疲れた時は、ゆっくり休んで下さいね。
優しいお心遣い、感謝、感謝です。

coin1


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。



Joyeux Noël ! (ジュワイユー ノエル) - 2010.12.25 Sat

noel2

フランス語で、メリークリスマス!は、Joyeux Noël ! (ジュワイユー ノエル)
と言うそうです。
Merry Christmas!も素敵な言葉ですが、フランス語で話すとまた、雰囲気が
違って素敵ですね。
以前は、クリスマス時期になると、クリスマスソングを集めて、オリジナル
アルバムを作り、毎日のように聴いてクリスマスの日まで、気分を盛り上げた
ものでした。
最近では、あまり音楽も聴かなくなってしまいましたが、街に出ると流れてくる
クリスマスソングを聴くと、何となく切ない気持ちになります。
その年、その時々で、聴いて、思い出と共に心に残っているクリスマスソング。
皆さんの思い出の曲は、何でしょう?

56

私の中でのクリスマスソングと言えば、やはり山下達郎さんの「クリスマス・イブ」。
「きっと、君は来ない~~一人きりのクリスマス・イブ」
初めて聴いた時は、クリスマスソングなのに、こんなに哀しい曲で、いいの~?
と思ってしまった曲ですが、達郎さんの歌声とメロディが素敵で、大好きな曲です。
この曲は、クリスマスの永遠の定番曲ですね。

noel1

もう1曲切な過ぎるけど、私が大好きな歌は、ドリカムの「雪のクリスマス」。
この曲を聴いた時は、本当に胸にグッと来てしまいました。
歌詞に登場する女の子の切ない想いと、その情景が自然に浮かんできてしまい
聴いているだけで、涙してしまう曲です。
「この夜をあなたにも見せたい 降りしきる雪の中で I LOVE YOU・・・」

78

その他では、桑田佳祐さんの「白い恋人達」、ワム!の「Last Christmas」
などなど、あらためて、思い浮かべると、クリスマスは、切ない曲が多いですね~~~
小田和正さんの「君にMerry Xmas」と言う曲も、泣いちゃう度100%で
この曲もかなり切なくなりますが、オススメです・・・・・・・・・
私って、切ない曲が大好きみたいです。へへへ。(*^.^*)

34

クリスマスソングでは、ありませんが、この時期に聴きたい曲は、中島美嘉さんの
「雪の華」、レミオロメンの「粉雪」、BUMP OF CHICKENの「スノースマイル」。
この3曲は、私の中で、かなり定番なWinter Songです。
とっても大好きです。久しぶりに音楽を聴きたくなりました。

12

寒い冬の夜、クリスマスの夜。
家族と過ごす方も、恋人と過ごす方も、友達と過ごす方も、一人で過ごす方も
お仕事で大変な方も、全ての人が、優しい気持ちになれますように・・・・・・

Joyeux Noël ! (ジュワイユー ノエル)

noel


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。



アンティーク風ホワイトフレーム - 2010.12.23 Thu

アンティークの雑貨でよく見かける、アンティークフレーム(額縁)。
壁にかけてディスプレイしたり、立てかけてディプレイしたりと、いろいろ
使えます。
でも、アンティークのものは、デザインや色など、シックで素敵なのですが、
どうもお値段が素敵では、ありません・・・・・・。かなりお高めです。
これは、諦めるしかないなぁ~~と思っていたら、素敵なフレームを発見
してしまいました。
本物のアンティークフレームでは、ありませんが、木製でアンティーク風な質感、
クラシカルなデザイン、ペイントの仕上げなど、かなり本格的な作りです。
色も、私が購入したアイボリーっぽいホワイトの他に、シックなブラウン系の
シルバー、落ち着いた色合いのアンティークグレーなどもあります。
自分のお部屋の雰囲気によって、選べるところが嬉しいです。

frame

ホワイトとブラウンとかなり迷ったのですが、ホワイト系の方が、我が家に
ある他の雑貨とも相性が良さそうなので、ホワイトに決めました。
大きさも、LサイズとSサイズの2種類あります。
こちらも、迷ったのですが、Lサイズにしました。大きい方が存在感があって
正解でした。
雑誌のディスプレイでも良く見かけますが、大きいサイズと小さいサイズの
フレームを重ねて飾ってみたい!!と思いましたが
予算の関係上、今回は、断念しました。

frame2

フックも付いているので、壁にかけて飾ることも可能です。
壁にかけるか、このまま立てかけるかも、まだまだ考え中で、こうやって
飾りたいと言うイメージもありますが、こちらもまだ、あーだ、こーだと
考えてしまって、飾り方が決まっていません。
取り合えず、好きなものを持ってきて、ポンポンポンっと置いてみました。
薔薇のドライフラワーや、お気に入りのミルクガラスのジャーと、リスさん達。
フレームの中にも何か飾りたいのですが・・・・・・

frame3

あーだ、こーだとディスプレイを考えている時って、楽しいので、しばらく
このまま楽しみたいと思います。

frame1


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。



ヴィンテージのミニ香水いろいろ  - 2010.12.20 Mon

pa1

お友達に頂いたり、自分が旅行に行って購入した、ヴィンテージのミニ香水。
ヴィンテージになるとは、思わなかったのですが、何時の間にか、十年以上
経ってしまったので、一応ヴィンテージ雑貨になってしまいました。
香水が無くなって、香水瓶しかないものもありますが、瓶自体が可愛いので
取って置いてあります。
小さいけれど、本当の大きさと同じように、よく再現されているミニ香水瓶。
飾り方が思いつかないので、カゴに、ごちゃっと入れて保管しています。

pa

「オンブルローズ」は、「薔薇の影」と言う意味の香水で、瓶のデザイン
もクラシックな感じで、お気に入りの1つです。
香りもローズの香りがして、時間が経つに連れて、柔らかい甘さに変わって
いきます。

om

帽子のデザイナーだったジャン・シャルル・ブロッソー。
このオンブルローズは、元々ジャンが、顧客のために作った香水だったそうです。
それが、今では世界中に広まって愛されています。
2001年に生産が中止されたそうですが、多くの人のリクエストがあって、復刻された
ました。

om1

トップは、アイリス、イランイラン、ハニー。
ミドルは、ローズ、スズラン、ピーチ。
ラストは、サンダルウッドやムスク。

甘く優しいバウダリーな香りは、時間が経ったラストの香りが、私は大好きです。

cabo

もう一つのお気に入りは、香りもさることながら、香水瓶の形が可愛くて気に入っている
香水「カボティーヌ」。
使ってしまったので、香水は、ほとんど残っていません。

ハワイのレイに使われる白い花、ジンジャーリリーの香りの香水です。
ジンジャーリリーに、グリーンノートの香りがプラスされているので、甘いと言う
より爽やかで、すがすがしい香りです。

トップは、マンダリンオレンジ、イランイラン、オレンジフラワー、チュベローズ。
ミドルは、ジンジャーリリー、アイリス、ホワイトヒヤシンス。
ラストは、サンダルウッド、ブラックカラント、ムスク。

pa2

可愛い香水瓶たち。香りと共に、時々眺めて、楽しんでいます。

kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。

アンティークと素敵に暮らす本 - 2010.12.17 Fri

今年は、アンティークな雑貨が大好きになって、その魅力にズズズ~~ッと
引き込まれてしまった1年でした。
でも、初心者な私は、まだまだ勉強不足で、教えて頂くことばかりです。
本当は、水嶋ヒロさんの小説「KAGEROU」を読みたくて、本屋さんに行きました
が、結局、こちらの本を見つけてしまい、こちらを買うことに・・・・・・。
私のカントリー別冊「アンティークと素敵に暮らす本」。
最近、ナチュラル系の雑貨やインテリアの本は、多数出版されていましたが
アンティーク雑貨についての本は、あまりなかったので、嬉しくなってしまい
ました。

an

内容は、1章が「東京・関西で見つけた今、行ってみたいアンティークショップ」。
今まで知らなかった素敵なアンティークショップが紹介されています。
どのお店も、本当に素敵で、内装も凝っていたり、置いてあるアンティーク雑貨
もお店ごとにセレクトされているものが、違ったり、ディスプレイも素敵で
本当に見ているだけで、うっとりです。

an1

そして、第2章は、「デポー39 天沼寿子さんが綴る アンティークにまつわる
13編の物語」。
カントリーアンティークを日本に広めた第一人者の天沼寿子さん。
ほうろう、ブリキ、陶製容器、キッチンツール、テーブルウエア、スケール
バスケット、レース、インテリアパーツなど、代表的なアンティーク雑貨の
ものにまつわる歴史、当時のエピソードなどを綴ってくれています。
初心者の私には、本当に勉強になります。

an2

第3章は、「アンティークに囲まれて暮らす 7軒のインテリア」。
アンティーク雑貨をインテリアに取り入れて、素敵に暮らしていらっしゃる
7軒のお家のインテリアが紹介されています。
どのお家も、それぞれ個性的に、アンティーク雑貨をインテリアに取り入れて
いました。参考になる部分や、真似してみたい飾り方、見応え十分です。

an3

第4章は、「アンティークを上手に飾るレッスン」。
アンティーク雑貨の素敵な飾り方をちょこっと教えてくれています。
ただ、飾るだけでなく、額に入れたり、アンティーク雑貨で、グリーンを
飾ったり、古い紙の飾り方などなど、目からウロコの飾り方もありました。

an4

最後の第5章は、「アンティークを賢く手に入れる」。
題名の通り、アンティークを賢く手に入れる方法が書いてありました。
アンティーク入手達人さん達が、技を載せてくれています。
例えば・・・・・・

「骨董市では店主と仲良くなる」
「ネットショップの更新時は、必ずチェック」
「古くても実際に使えるものを選ぶ」
「買うときは、複数買いで値切り交渉がマスト」
「安く買うなら断然リサイクルショップ」
「学校やお店の建て替え時は、要チェック」
「オークションでは、まず相場をチェック」

勉強になります。
その他は、ネットオークション活用術、骨董市活用術、おすすめ雑貨ショップ&
サイトなども紹介してくれています。
アンティーク好きさんには、嬉しい情報がたくさんです。一度で頭に入らないので
じっくり読んで、これから好きなアンティークに活かせるように、勉強したいと
思います。

an5



kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。



薔薇と苺、元気です。 - 2010.12.14 Tue

rose

以前、イオンから連れ帰った、ミニ薔薇さん。
秋になって、少し花が咲きましたが、あっと言う間に枯れてしまいました。
でも、葉っぱは、すご~~~~く元気。
家の中が温かいせいか、葉っぱは、緑のままで、新芽も出たり、元気に
伸びています。
本当は、外に植えてあげたいのですが、今の時期は、植え替えも出来ない
ので、そのままに。
それとも、鉢でこのまま育てようかな~~?とか、いろいろ考えています。
このまま元気に、また、来年花が、咲いてくれると嬉しいです。

rose1

そして、隣の苺の葉っぱ、こちらも、寒さに負けず、新芽がたくさん
出て来て、グングン葉っぱも大きくなっています。
これは、今年の夏頃だったか、渡辺満里奈ちゃんのCMが印象的な飲料
ウェルチのおまけに付いていた種から育てたワイルドストロベリーさんです。
他にもプチトマトの種もあって、育てていたのですが、芽もたくさん出て
これは、いいぞ~~!!と思っていたら、害虫にやられて全滅しちゃいました。
葉っぱに、スジがたくさん出来て、何だろうと思い、ネットで調べたところ
「ハモグリバエ」と言う害虫でした。
農薬を使いたくなかったので、見つけたら、排除したりしていたのですが、
この害虫は、葉の中にもぐって、食い荒らしてしまうため、1匹退治しても
また発生してしまい、あっと言う間に全滅してしまいました。

wild

そんな中で、このワイルドストロベリーさんは、何とか害虫にやられることも
なく、元気に育ってくれました。
始めは、本当に小さな芽で、葉も吹き飛ばされたら、どこかに行ってしまい
そうな感じでしたが、数ヶ月経って、こんなに育ってくれました。
冬にこんなに元気に育ってくれるなんて、やはり温暖化の影響でしょうか?
最初は、外に置いておいたのですが、寒くなってきたので、家の中に入れました。
でも、このワイルドストロベリーさんは、北海道でも帰化して野生化して育つ位
寒さには、比較的強いそうなんです。だから、こんなに、育ってくれたのですね。

ワイルドストロベリーは、実は、もちろん、ジャムや果実酒などに利用出来る
そうですが、葉も使えるそうです。
フレッシュでもドライでも、ハーブティーに利用出来たり(神経の鎮静作用、利尿
健胃作用)、収斂作用もあるのでオイリースキンの収斂化粧水としても使えます。
ドライリーフはティーだけでなくポプリ等にも利用出来るそうですよ。

幸運を呼ぶと言われている、ワイルドストロベリー、実がついてくれると嬉しい
なぁ~~。

rose


  ワイルドストロベリー

 学 名 : Fragaria vesca
 別 名 : エゾヘビイチゴ、ヨーロッパクサイチゴ
 原産地 : ヨーロッパ
 科 名 : バラ科
 属 名 : イチゴ属
 性 状 : 多年草
 開花期 : 4月~6月
 花言葉 : 尊重と愛情、清浄、無邪気


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。




素敵なプレゼント♪ - 2010.12.12 Sun

bebe

ブログのお友達から、素敵なプレゼントが届きました。
お一人は、べべのmamaさん。ボストンテリアのべべさんとルルくんのママさんです。
おてんばさんとやんちゃくんを温かく見守る優しいmamaさんです。
べべさんとルルくんの日常の一コマは、マンガチックでとても微笑ましくて
いつもブログを拝見させて頂くと、自然と私も微笑んでしまいます。
そんなべべのmamaさんは、ナチュラルな可愛い手作りがお上手です。

bebe1bebe2

手が痛くて大変なのに、手作りのたくさんの可愛いシュシュ、お花のクリップ
お花のブローチをプレゼントして頂きました。
もうこれだけでも、頂きすぎなのに、更に可愛いものが、カゴから
次から次に出てくる、出てくる~~。
可愛いクマさんとアルパカさんもひょっこり♪
可愛い丸いポンポンは、エッフェル塔さんの頭に飾ってみたら、とっても
良い感じです。

bebe3bebe4

そして、もうお一方は、アンティークが大好きで、いつもいろいろ
アドバイスのコメントを書いて下さる、優しいJunkoさん。
美味しい紅茶やハーブティー、アンティークのポストカード、お金持ちに
なったような気分にさせてくれる、キラキラ綺麗なガラスのダイヤモンド型
ペーパーウエイト。

Junko

貴重なアンティークポストカードは、とても可愛らしい猫ちゃんと
熊さんとひよこさんのイラストのカードです。
裏にもメッセージが書かれていたりするのですが、誰が誰かのために
書いたであろうポストカード。
巡り巡って私のお家へ来てくれました。
どこに飾ろうかな~と考えるだけで、ワクワク。

Junko1Junko2

キラキラ綺麗なガラスのダイヤモンド型ペーパーウエイトは、Junkoさんの
アドバイス通りに、ガラスのランプの近くに、ポンッとさりげなく
飾ってみました。
ブラックチェリーベリーのハーバルティーを早速頂きました♪
色も綺麗で、甘酸っぱくて、ほっこり癒されました。
私の大好きな味です。

Junko3Junko4



べべのmamaさん、Junkoさん、心温まるプレゼント、ありがとうございました。
大切にしますね。
お心遣いに感謝、感謝です。

Marie


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。


薔薇のドライフラワー - 2010.12.09 Thu

rose

最近、妙に薔薇が好きになってしまいました。可愛らしいその姿は、見て
いても癒されますし、香りでも和ませてくれます。
地元の花屋さんでは、薔薇の花束をお安い値段で提供してくれる時が
あります。

イオンの火曜市では、98円のせいか、小さめの薔薇なのですが、花屋さんの
薔薇は、大きめで、ちょいゴージャスな感じの薔薇を、298円とか、500円位
で、提供してくれています。
花屋さんの前を通りかかると薔薇の特売していないかなぁ~~って、ちょい
ちょい覗いてしまいます。見つけた時は、ラッキー♪
今回も濃いローズの大、小混ざった薔薇の花束をゲット出来ました。

rose1

生花の薔薇も良いのですが、最近、薔薇のドライフラワーが好きに
なってしまったので、花瓶に飾らず、すぐにドライフラワーを作ることに
しました。寒くて空気が乾燥しているために、今の時期はすぐにドライ化して
くれます。お花が咲ききってしまう前に、ドライ化した方が形も綺麗にまとまって
くれるような気がします。

rose4

風水大好きな私は、本来、生花を飾った方が良いことは、知っているのですが
どうもドライフラワーが好きになってしまって仕方がありません。
枯れても尚、色が綺麗に残る姿にとても惹かれます。
吊るして飾っても、絵になるし、プレゼントに添えても可愛いなぁ~~って
思います。リスさん達の近くに、小さいドライの薔薇を1輪置くだけでも、
自然に可愛らしく演出してくれます。

rose8

薔薇のドライフラワーは、なかなか使えますね~~
たくさん、出来たら薔薇のリースを作ってみたいなぁ~と言う野望もありまして
まだまだ、増殖しそうな勢いです・・・・・・(;^ω^A

rose5


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。

フランス、LAROUSSE社のクラシック小説 - 2010.12.04 Sat

紫色の表紙が印象的なフランス、LAROUSSE社のクラシック小説です。
フランス人が読む古典文学の小説が綴られているシリーズです。
これは、その中の1冊。フランスでも有名な国民的英雄の
少女、ジャンヌ・ダルクの小説です。

jean2

表紙が劇場の絵柄になっていて、とても素敵です。
年代が経っていて、中もかなり茶けていますが、それにもかかわらず
表紙の色は、きれいに残っています。

jean

ジャンヌ・ダルクは、フランスとイギリスが王位継承で争っていた
百年戦争の際、13歳の頃に、初めて神の声を聞き「フランスを救え」
とのお告げの元に、男装をして、多くの兵を率いて戦い、フランスを
勝利に導いた、わずか17歳の少女でした。フランスの為に戦い続けた
彼女は、最後には、彼女のカリスマ性を邪魔に思ったフランスの王に
裏切られ、宗教裁判にかけられ、異端者として扱われ、魔女の疑いも
かけられ、火刑に処され、短い一生を終えてしまいます。

jean1

私は、以前、バイオハザードのアリス役で有名なミラ・ジョヴォヴィッチ
さん主演の映画、「ジャンヌ・ダルク」を観て、可哀相な彼女の人生を
知りました。フランスのために、その身を投じ、最後まで神を信じ続けて
その命を捧げたジャンヌの生涯がとてもはかなく、胸が痛みました。
普通の少女だったら、もっと、もっと生きられたかもしれません。
普通の幸せも手にすることができたかもしれません・・・・・・。
神は、どうして彼女を選んだのでしょう・・・・・・。

jean3

異端者と言われ、魔女の疑いもかけられて、亡くなっていった彼女ですが
その功績は、今では認められ、ジャンヌが亡くなって500年経ったのち
裁判によって、名誉が回復され、聖人として称えられているそうです。
長い年月がかかりましたが、それでも、彼女の気持ちや思いが
報われたような気がして、その記事を読んだ時、少し胸の痛みが和らぎ
ました。

jean5

「ジャンヌ・ダルク」の小説に、「ロミオとジュリエット」の素敵な名場面の
アンティークのポストカードをおまけに付けて頂きました。
雰囲気があって、こちらも素敵なポストカードです。

jean4



kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。

Agronatura Damask Rose Water - 2010.12.01 Wed

rose

寒さと共に、乾燥がどんどん進んでいます。
先日、湿度計を何気なく見たら、何と湿度10%・・・・・・・・・
これでは、乾燥するはずです。早速、加湿器を出しました。
本来、人間が快適に生活するには、湿度は、40%~60%の間が理想
だそうです。それより乾燥しても、湿度が多すぎても、不快指数が増して
しまうとか・・・・・・
最近、ノドがカラカラだなぁ~って思っていたら、やはり乾燥進んで
いたのですね。
風邪やインフルエンザのウィルスは、乾燥が大好きなので、気をつけて
湿度調節しないと体調を崩します。
昨年も、湿度計を見ながら、こまめに加湿調整していました。

と、お話がそれましたが、そんな乾燥の季節にいいかなと思って、購入
したダマスクローズウォーター、乾燥しているなぁ~と感じた時に、
お肌にシュッと吹きかけると、薔薇の香りと共に、お肌が少し潤うような
気がします。
香りも良いので、アロマテラピー効果もあります。

このダマスクローズウォーターは、ダマスクローズの芳香蒸留水と
エッセンシャルオイルのみをブレンドしたアロマウォーターです。
ダマスクローズは、バラのなかでも最も香りが良いと言われており
クレオパトラも愛用していたとか・・・・・・
ダマスクローズは、お肌にみずみずしさと、ハリと潤いを与えてくれる
そうです。敏感肌ですが、今のところ、問題なく使えています。

アグロナチュラは、シャンプーもずっと使用しています。
一時、お肌が超敏感になった時、市販のシャンプーが使えなくなってしまった
ことがありました。どれも、これも合わなくて、非常に困っていた時
アグロナチュラのシャンプーに助けられました。
化粧水など全て、こちらのものを使っている訳ではありませんが
シャンプー、コンディショナーは、手放せません。

agro1

シャンプーがそろそろ切れそうだったので、アグロナチュラのサイトを
久しぶりに見てみたら、サイトがリニューアルされていてびっくりしました。
「オーガニックで彩る、美しく上質な暮らし」をコンセプトとする
テラクオーレと言うブランドに変わってしまっていました。
オーガニックの香りの良さ、味わいの豊かさ、感触の良さなど、
五感で楽しめるオーガニックの素晴らしさを多くの方に知って頂きたいと
言う考えの元に、アグロナチュラをリニューアルさせて、テラクオーレが
誕生したそうです。
アグロナチュラのシャンプーもまだ販売していましたが、これからは
徐々に無くなっていってしまうのか・・・・・・
やっと、出会えたお気に入りのシャンプーだったのに・・・・・・
ちょっぴり、ショックを受けてしまいました。


   Agronaturaリニューアルサイト
 テラクオーレ(terracuore) 



kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みします。







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Marie*

Author:Marie*
手作り、リメイク、写真を撮ったり、お花や動物も大好きです。ちょこっと手作りを楽しんでいます。可愛い雑貨も大好きで、アンティーク雑貨も好きです。

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アンティーク・ヴィンテージ (30)
雑貨 (103)
手作り(いろいろ) (103)
手作り(あみぐるみ) (26)
本 (41)
小物 (24)
花・植物 (29)
つれづれ (77)
cosme (5)
にゃんこ (46)
映画 (15)
お迎えあみぐるみさん (14)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク


Gaspard et Lisa ? Grani

更新情報

FC2カウンター

Free Area

現在の閲覧者数:

素材でお世話になっています。

apple

maria