topimage

2011-01

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Contes d' Andersen-アンデルセンの本- - 2011.01.29 Sat

an

アンティークの洋書が大好きです。フランスの古い洋書ものは、表紙のデザインが
凝ったものが多く、素敵なデザインを見ているだけで、うっとりしてしまいます。
日本では、あまり見かけないデザインが新鮮で、このアンデルセンさんの本も、
ブルーとレッドで書かれた花の模様が素敵で、表紙のデザインに惚れました♪
シンプルなデザインですが、アンデルセンさんの童話を思わせるような、可愛らしい
絵柄が心をくすぐります。

an4

背表紙のデザインもどこかクラシカルな雰囲気で、素敵でした。
どんなお話が書かれているのかな~?って、フランス語が出来れば、読みたいところ
なのですが・・・・・・
目次のような部分をフランス語翻訳で、訳してみたのですが、よくわかりませんでした。

an2
an5

アンデルセンさんの童話と言えば、有名なお話では、「みにくいアヒルの子」
「人魚姫」、「親指姫」、「マッチ売りの少女」、「雪の女王」、「赤い靴」
などなどがよく知られていますが、この本には、また違ったお話が書かれているよう
でした。挿絵が何枚か入っていましたが、怖そうなお話も載っているようで
ちょっぴり怖そうな絵が描かれていました。
フランス語が出来れば、本当に読んでみたかったです・・・・・・

an1

生涯独身だった、アンデルセンさんは、幼い頃は、病気の父がいて、家はとても
貧しかったそうです。そんな境遇が、大人になってから、少し悲しげな童話を
作るきっかけになったのでしょうか?彼が書いた作品は、
どれも、空想的なお話ですが、私が小さい頃に読んだ時は、子供心に、何とも
言えず切なく感じたお話が多かったように思います。
特に「マッチ売りの少女」を読んだ時は、悲しくて、可哀相で、泣いてしまい
ました。
でも悲しい結末でしたが、救われる部分もあって、どよ~んと悲しくなっていた
私の心も、救われた記憶があります。
アンデルセンさんのお話は、読み終わった後に、何か考えさせられるものが
ありますね。悲しいお話でも、どこかに救いがあるところが好きです。

an6

人間に憧れた「人魚姫」、いじめられていたけれど、立派な白鳥に育った
「みにくいアヒルの子」、可哀相な境遇だった「マッチ売りの少女」、
赤い靴を履いて踊り続けなければならなかった「赤い靴」の少女、
大人になった今、またアンデルセンさんの童話が読みたくなりました。

an7



kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。


スポンサーサイト

好きになりました。 - 2011.01.26 Wed

toire

植村花菜さんの「トイレの神様」。歌を聴くまでは、変な題名だなぁ~って
思っていました。でも、聴いた瞬間から、その優しい歌声と、おばあちゃんを
想って作ったその歌詞に、涙がポロポロ流れてしまいました。
私が生まれる前に、母方のおじいちゃん、おばあちゃん、父方のおじいちゃんも
既に亡くなっていました。
唯一、父方のおばあちゃんは、長生きしてくれていましたが、遠方に住んでいたため
2、3回会ったきりで、ほとんど会うことは、ありませんでした。

そんなおばあちゃんも、私が小学生の時に亡くなってしまったため、あまり
祖父母との思い出は、ありません。
でも、この植村さんの「トイレの神様」の歌を聴いて、おばあちゃんと暮らすことが
出来た花菜さんが、羨ましくなりました。

原作本を元に、ドラマ化もされて、先日、拝見しましたが、おばあちゃんが本当に
とても心優しく、心広く、強い方で、幼い頃におばあちゃんと暮らせたことが、
おばあちゃんが教えてくれたことが、今の花菜さんの人生に影響を与えていた
のだなぁ~って思いました。今でも、おばあちゃんが教えてくれた素敵な言葉が、
花菜さんを支えてくれているんですよね。

私は、掃除は、嫌いではないのですが、唯一苦手なのが、トイレ掃除でした。
どうしても、楽しい気分になれなくて、今まで結構、嫌々お掃除しておりました。
そんな私が、最近、この歌を知ってからは、トイレ掃除が好きになりました。
まだ、「大好き!」までには、修業が必要ですが、あんなに嫌だったトイレ掃除が
苦にならなくなりました。

「トイレには~~それは、それは、綺麗な女神様がいるんやで~~
 だから毎日、綺麗にしたら、女神様みたいに、
 べっぴんさんになれるんやで~~」

余談ですが、ネットで調べていくうちに、トイレの神様は、本当に
いらっしゃると言うことがわかりました。
女神様では、ありませんが、「烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)」様と
言う神様がいらっしゃるそうです。
烏枢沙摩明王様は古代インド神話で、炎の神様であり
「この世の一切の汚れを焼き尽くす」功徳を持っておられるそうです。
「烈火で不浄を清浄と化す」神力を持つことから、心の浄化はもとより
日々の生活のあらゆる現実的な不浄を清める功徳があるとされてきた火の仏様です。

特に有名な功徳としてはトイレ(便所)の清めで、トイレ(便所)は古くから
「怨霊や悪魔の出入口」と考える思想があったことから、現実的に不潔な場所であり
怨霊の侵入箇所でもあったトイレ(便所)を、烏枢沙摩明王様の炎の功徳によって
清浄な場所に変えるという信仰が広まり今に伝わっているとのことでした。

女神様では、ありませんが、神様が守ってくださっていたのですね~~
だから、感謝して、感謝して、綺麗にお掃除することが、神様への恩返しになるのかな。

この歌を歌いながら、トイレをお掃除していると不思議と楽しくなります。
ピカピカになったトイレを見ると、また嬉しくて、幸せな気持ちになりました。
素手で掃除すると、もっと良いと言うことを知って、今は素手で掃除しています。
あれほど嫌だったトイレ掃除が、素敵な歌で、好きになりました。
本当は、私達の不浄なものを浄化してくれているトイレさんには、感謝しなくちゃ
いけなかったんだ~って、気付かせてもらいました。

花菜さん、おばあちゃん、烏枢沙摩明王(うすさまみょうおう)」様
ほんまに、ほんまに、ありがとう~~~~。


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。


何をしても・・・・・・ - 2011.01.24 Mon

何をしても、上手くいかない時がある。
頑張っても、一生懸命思っても、前向きに進もうとしても。
そんな時は、悲しくて、どうしてなんだろうと考えて、考えて
それでも、答えは、なかなか見つからなくて。

nani2

自分の力の無さに、落ち込んでみたり。立ち止まってみたり。
もうこのまま、うずくまって、そうだ、このまま石になってしまおうなんて
考えてみたり・・・
それでも、日々は進んで行って、悲しみは薄れて行って、また誰かのために
頑張ろうと思う。そんな気持ちが、勇気付けてくれる。

nani

自分のための人生。誰かのための人生。
人それぞれだけど、それは確かに、生きる道を導いてくれる。
悩んで、迷って、つまづいて、それでも、立ち上がって、また歩いて。
泣いて、笑って、悲しんで。

nani1

時には山を登ったり、花畑で一休み。綺麗な湖で、心が洗われ、大きな海に、
思いを馳せて。
何をしても上手くいかない時。諦めないで、歩み続けることが、道を切り開いて
くれるよ、きっと。
だから、自分に負けないで。悲しい心に負けないで。


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。




KAGEROU - 2011.01.21 Fri

最近、本ばかり読んでいます。読みたいなぁ~と思う本が次から次へと
出てくるので、本の出費がかさみます。水嶋ヒロさんの処女作で
話題のこの本も、本当は文庫本になってから読もうと思っていたのですが
本屋さんで見かけると、どうしても読みたくなってしまい、ハードカバーは
収納にもかさばるし、読む時も腕が疲れるので、避けていましたが
ついつい手が伸びてしまいました。

kage

感想の方ですが・・・
文章は、とても読みやすかったです。文章自体があまりつまって書かれて
いないので、スラスラと2、3日で読んでしまいました。
お話自体は、決して明るいものでは、ありませんが、最後に、何とも言えない
余韻を残してくれる小説でした。命の尊さ、儚さが上手く表現されています。
現実社会では、ありえない設定もあり、少しSFチックなところも、あります。
話の中に登場する病弱な少女が、奥様の「絢香さん」をモデルに書かれたのでは?と
テレビで、どなたかが、言われていましたが、そんな感じもちょっぴりしました。
映画化出来るような作品を書きたいと作者の水嶋さんは、おっしゃって
いましたが、確かに映画化すると面白いかなと私も思いました。

kage1

自分の命の尊さに気付いた時の主人公の引き返せない悲しみと、繋がって
いく未来への希望は、少し切なくなりました。
最後に、「あ~そうだったんだ」と思う、どんでん返しな結末に
その先は、どうなってしまうの~~~??????と言う疑問を残しつつ、
少し消化不良のまま本を閉じました。
この終わり方は、もしかしたら、続編が出来るかなぁ・・・・・・。


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。


悲しくて、泣きたい時は・・・。 - 2011.01.16 Sun

悲しいことがあった時、辛いことがあった時、ポジティブな歌を聴くよりも
どっぷり泣ける歌を聴いて、わぁ~~~~って泣いて、泣いて、泣いて、これ以上
もう泣けないと思うまで、泣き続ける私です。
それでも、まだ悲しくて、悲しくて、もうどうしようもなく悲しくて、深い海から
這い上がれない時は、無理はしません。
しばらく沈んでいます。どっぷり、どっぷり、沈んで、沈んで・・・

sea

それでも、ずっと沈んでいると息が苦しくなってくるので、
ゆっくり、ゆっくり、浮き上がって、空気を吸います。
澄んだ空気が美味しくて・・・また空の青さに気が付いて・・・悲しみが流れてしまったら
そこには、優しい思い出だけが残ります。優しい思いだけが残ります。

sea1

1人ではないから。思いは、ずっと、ずっと、側で、いつも、いつも、一緒に
支えてくれているから。また、歩き出せます。
そして、笑って過ごせる日々が、必ずまた訪れます。

優しいあの人が、少しでも、元気になってくれますように。
暖かい春が早く来てくれますように。
笑顔が戻りますように。心から、願っています。

sky


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。

Classic Pooh(クラッシックプー) - 2011.01.12 Wed

pooh2

10年以上前に、ハウスオブローゼさんの限定セットについていたおまけの
プーさんのぬいぐるみです。

pooh3

肌触りが良くて、ホワホワしています。背中には、ポケットがついていて、
ポプリやサシェが入れられるようになっています。
好きな香りを入れておくと、プーさんを触った時に、ほのかな香りがします。

pooh4

ディズニーのアニメのプーさんが有名ですが、元々、プーさんは、イギリスの
アラン・アレクサンダー・ミルンさんが生まれた子供のために書いた童話です。
その童話の挿絵が、クラッシックプーと呼ばれています。
ディズニーキャラクターは、「クマのプーさん」、童話の原作の絵は、
「クラッシックプー」と呼び名を分けられているそうです。
ディズニーのプーさんも可愛いのですが、私は、このノスタルジックな感じの
原作のクラッシックプーの絵も大好きです。
ハウスオブローゼさんの販売の方がその当時、私に説明してくれたのは、
日本では、ハウスオブローゼだけが、クラッシックプーの使用権を得ている
んですよ~~とのことでした。

pooh5

10年以上前のことなので、現在では、使用権が、どうなっているのかわかりませんが
ハウスオブローゼさんでは、今も、クラッシックプーさんシリーズの化粧品
販売されています。
私は、ハウスオブローゼさんの 「Oh!Baby」 が好きで、
これだけは、ずっと愛用しています。
ひじ、ひざ、かかとの角質取りに一役買ってくれています。
これは、なかなかオススメです。
ブログのお友達のあみぐるみ作家さんのなるとさんのあみぐるみちゃんが、
ハウスオブローゼさんのリーフレットに、載っています。お店に行く機会が
ある方は、ぜひ探してみてくださいね。
なるとさん、活躍の場を広げられていて、凄いです。
お体に気をつけて、また可愛い編みぐるみさんをたくさん作って下さいね♪(*^.^*)

pooh


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。

コクリコ坂から - 2011.01.07 Fri

2011年、夏に全国ロードショーが予定されている、スタジオジブリの
最新作 「コクリコ坂から」 。
「コクリコ」とは、フランス語で、「ひなげしの花」のことだそうです。
ジブリの映画は、毎回かかさず楽しみに観ています。
懐かしかったり、元気が出たり、前向きに頑張れたり、ジブリの映画を観ると、
優しい気持ちを思い出せるので、大好きです。
今回の「コクリコ坂から」は、漫画が原作と言うことで、映画公開前ですが
原作の漫画も気になり、是非読んでみたかったので、早速購入してしまいました。

kokuriko

原作は、佐山哲郎さん、漫画は、高橋千鶴さんが書かれています。
1980年1月~8月まで、講談社の「なかよし」に連載されました。

お話は・・・・・・

遭難して十年以上も行方不明の船乗りだった父を想って、毎日父のために
旗を揚げつづける16歳の少女「海」。
「海」は、フランス語で、「ラ メール」と言うため、親しい人達からは、
「メル」と呼ばれています。
写真家で、海外に行っている母の代わりに、妹や弟、祖母の面倒を
みながら、下宿所を営んで暮らしています。

そんなある日、高校の新聞部の風間俊と出会い、少しずつ「海」の生活に
変化が起きて行きます。
彼と関わりあっていく毎日を過ごしていくうちに、気付いた大切な想い。

そんな時、ふと知ってしまった、出生の秘密。
事実を知った時、「海」は・・・・・・

と、あまり詳しく書けませんが、こんな感じです。

kokuriko2

原作を読んでしまったので、お話の結果は、わかってしまいましたが
ジブリによって、どんな風に描かれるのか、楽しみです。
主人公の設定が、高校生なので、今までのジブリより、少し大人な感じの
お話になるのかな~~~
宮崎駿さんの企画覚書を読むと、映画では、漫画の原作とちょっと違う感じに
なりそうです。
漫画の原作では、最後の方が、少しダダッと短くまとめられてしまっているので
ありゃりゃそうですか~~感がイナメマセンデシタ。
その部分をもう少し、映画では、丁寧に描いてもらえると、いいなぁ~と思いました。

kokuriko1

学生時代の淡い恋心、相手を想う気持ちなど、この漫画を読んで、久しぶりに私も
思い出してしまいました。
強気だけど、健気な「海」ちゃんも、可愛いのですが、おちゃらけているようで、
頼もしい実は、優しい「風間君」。
なかなか魅力的なキャラクターで、カッコよかったです。
「ハウルの動く城」のハウルも素敵でしたが、この「風間君」も素敵に
描いて欲しいなぁ~~と切に願います。
古いお話だけど、今読んでも、新しい、そんな感じを思い出させてくれる漫画でした。

kokuriko3


宮崎 駿 (企画のための覚書「港の見える丘」より)

「コクリコ坂から」は、人を恋うる心を初々しく描くものである。少女も少年も
純潔で真っ直ぐでなければならぬ。異性への憧れと尊敬を失ってはならない。
出生の秘密にもたじろがず自分達の力で切り抜けねばならない。それをてらわずに
描きたい・・・。

kokuriko4


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。


招福 一年安鯛おみくじ - 2011.01.05 Wed

omikuji

今年は、地元の小さな神社にお参りに行きました。
大きな神社と違って、本当に小さい神社なので、参拝客もほどよい感じで
ゆっくりお参り出来ます。
この神社には、可愛いおみくじがあって、その名は「一年安鯛おみくじ」。
張子の赤い鯛さんのしっぽに、おみくじが入れてあります。
形が可愛いので、行く度についつい引いてしまいます。
そして、今年の結果は・・・・・・・・

omikuji

じゃ~~~~ん!!
何と「大吉」でした~~~~!!
大吉なんて、何年振り?いや何十年振りでしょう~~。
お正月から縁起が良くて、嬉しくなりました。
これで、今年一年「安鯛(安泰)」でしょうか?

この「一年安鯛おみくじ」は、こちらの神社のオリジナル?と思っていましたが
ネットで調べてみると、あちらこちらの神社にあることが判明しました。
ある神社では、おけ(桶)に、この鯛みくじが入っていて、さお(竿)で吊り上げて
引くと言うところもありました。

omikuji

おみくじの縁起の良い順番は、7段階と12段階あるそうです。


 7段階の場合の縁起の良い順番

大吉 >中吉 >小吉 >吉 >末吉 >凶 >大凶


12段階になっている場合の縁起の良い順番

大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶

omikuji


 引いたおみくじは・・・・・・

寺社によって様々な見解があるそうですが、大きく分けると次のように
なるそうです。

 おみくじには神や仏からのありがたいメッセージやパワーが
秘められているので、吉凶にかかわらず記されている教訓を
戒めるつもりで持ち歩き、後にお礼を込めて納める。

 自分にとって都合の悪いおみくじはその場で結びつけ、さらなる
ご加護をお願いする。良いおみくじは持ち帰り、後日境内に結ぶこと。

その場で結ぶのは凶をとどめて吉に転じるようにお願いする場合のみ。
たとえ凶であっても自分への戒めとして持って帰っていいようです。


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。






可愛いウサギさんのあみぐるみ - 2011.01.02 Sun

Bonne annee ! 
あけましておめでとうございます!今年もどうぞよろしくお願い致します。

kaede6

昨年は、アンティーク雑貨にどっぷりハマッてしまいましたが、今年も
ハマリそうな予感がします。と言うか、既にハマッていますが・・・・・・
現在は、そのアンティーク雑貨がメインになってしまっていますが、
実は、このブログを始めたキッカケは、あみぐるみ作りでした。

kaede

仲良くして頂いている、あみぐるみ作家さんの「宇内雄飛さん」、
(活動名は「カエデミツ」さん)のあみぐるみさんに出会って、あまりの
可愛さに、あみぐるみのトリコになってしまいました。
自分でも、こんな可愛い仔が作りたい!!と思って作り始めたのですが
これがなかなか難しく・・・・・・。

kaede1

思うように、可愛いお顔が作れない・・・可愛い形に出来ない・・・
オリジナル感が出せないなど・・・かなりスランプにオチイリ、すっかり
あみぐるみ作りから離れてしまいました。
それでも、宇内さんのあみぐるみさんを見ると、また作りたいなぁ~
って気持ちになります。
現在は、人気爆発で、入手も困難になってしまった宇内さんの
あみぐるみさん。
まだ、人気が爆発する前に、お迎え出来たのが、このうさぎさんです。

kaede2

優しい色合いと、まあるい感じが可愛らしいうさぎさん。
見ているだけで、可愛くて、ほっこりした気持ちになります。
ウサギ年なので、今年は、この仔を飾って運気をあげようかな~って
思っています。

kaede4

あ~~、また、あみぐるみ作りたいなぁ~~・・・


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Marie*

Author:Marie*
手作り、リメイク、写真を撮ったり、お花や動物も大好きです。ちょこっと手作りを楽しんでいます。可愛い雑貨も大好きで、アンティーク雑貨も好きです。

カレンダー

12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アンティーク・ヴィンテージ (30)
雑貨 (103)
手作り(いろいろ) (103)
手作り(あみぐるみ) (26)
本 (41)
小物 (24)
花・植物 (29)
つれづれ (76)
cosme (5)
にゃんこ (46)
映画 (15)
お迎えあみぐるみさん (14)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク


Gaspard et Lisa ? Grani

更新情報

FC2カウンター

Free Area

現在の閲覧者数:

素材でお世話になっています。

apple

maria