topimage

2011-05

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お尋ね者 その2 - 2011.05.30 Mon

wan3

少しお腹がいっぱいになって、お昼ねしたヒナを空き箱に入れて、
庭に連れ出しました。
外の空気を感じ取って、ヒナは、うっすらと目を開けて、キョロキョロ
辺りの様子をうかがっていました。いろいろな鳥の声を首をかしげながら
聴いているようです。
しばらくすると、ピィ~~ピィ~~と大きな声で、鳴き始めました。
母鳥を呼んでいるような声です。

wan1

数分、ヒナが鳴き続けていると、どこからか、ピィーー、ピィーーーと
鳴き声が・・・・・・
お隣の家の屋根の上、うちの庭の木々の上、うちの屋根の上、ヒナの周りを
グルグル廻って、飛んでいます。
「あっ、母鳥だ!!」
私は、すぐにわかりました。ピィーー、ピィーーーと悲痛な感じで、
鳴き続けています。
母鳥も心配しているのか、鳴き声が普通では、ありませんでした。

wan2

他の鳥もそうなのか、わかりませんが、スズメさんは、鳴き声で自分の
子供がわかるそうです。きっと、この子の母親も、子供の声を聞きつけて
やって来たのでしょう。
ヒナが少し疲れて、泣き止んでも、母鳥は、心配してずっと、鳴き続けて
います。
人間の親子愛と同じように、スズメの親子の絆や母鳥の愛情が、ひしひしと
伝わってきて、これは、何とかして、無事に母鳥の元に帰してあげなく
ては!!と思いました。

さあ、ここからまた一仕事です。
箱に入れたヒナを抱えて、母鳥を近くの公園に誘導しなくてはいけません。
うちの近くには、丁度ヒナが隠れやすい植え込みがあって、木々もたくさん
ある公園があります。
スズメや他の鳥もたくさんいて、母鳥に帰すには、打って付けな場所です。

wan4

箱のヒナを抱えて、公園まで少しずつ移動しました。
ヒナがずっと鳴いてくれていたので、母鳥は、わかって着いて来てくれました。
公園の植え込みのところに連れていって、ヒナを奥の方へ放しました。
しかし、ぴょこぴょこと、出て来てピィー、ピィーと母を呼んで
鳴いています。
これでは、また猫に捕まっちゃうと心配になりましたが
植え込みの真上の木々には、母鳥らしいスズメさんがいて、鳴いていたので
きっと大丈夫。
私がいると母鳥が来れないので、その場を去ることに・・・・・・

しばらくして、また様子を見に行ってみると、ヒナの姿はありませんでした。
母が安全な場所に誘導してくれたのかなと思いつつ、少しホッとして
私は、そのまま帰りました。

wan5

後日談なのですが、それから数日経ったある日、チュンチュンと鳴き声が
聴こえたので、どこかしら?と振り返ると、私の部屋の窓の手すりに
巣立って間もないヒナが、止まっていたのです。
しばらく、チュンチュンと鳴いて、飛んで行ってしまいましたが
あの時の、ヒナが会いに来てくれたのかしら?と、ちょっと嬉しい気持ちに
なりました。
助けたヒナが訪ねて来てくれたのか、わかりませんが、何だか温かい
気持ちになりました。

それから、ちゃちゃ様は、スズメさんを捕まえてきませんが、家の周りに
来るスズメさん達を、たまに狙っている姿を見かけます。
ちゃちゃが庭に出て来ると、相変わらず、スズメ警戒発令がすごくて
チチチチチ、チチチチチの大合唱になります。
ちゃちゃ様は、すっかり、スズメ界での「お尋ね者」です。

wan


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。



スポンサーサイト

お尋ね者 その1 - 2011.05.25 Wed

cyawa

うちのちゃちゃ様は、スズメ界では、お尋ね者です。
多分、要注意猫として、スズメさん達の間では、記憶されています。
スズメさん達も、ちゃちゃが庭に出ていると、鳴き方が違います。
普段は、チュン、チュンと鳴いているのですが、ちゃちゃを発見すると
チチチチチ、チチチチチと、短い鳴き方になって、仲間に危険を
知らせているようです。
人間の言葉に直すと、「誘拐猫が出現したから、気をつけろ!!」と言って
いるかのようです。

この時期になると、スズメさんのヒナをさらって来ます。
人間だったら、誘拐犯ですよね・・・・・・。
毎年、ちゃちゃがスズメさんの子をさらってくる度に、保護を試みるのですが
鳥さんって、とても繊細な生き物なので、一生懸命エサをあげても、お腹を
壊して体調を崩してしまったり、寒さで、体温が下がってしまったりして
命を救うことが出来きませんでした。とても、可哀相なことをしてしまったと
いつもスズメさん達には、申し訳ない気持ちでいっぱいになります。
かろうじて、何とか飛べるヒナは、飛ばしてあげて助かった子もいましたが
毎年、心を痛める出来事です。

cyawa3

ちゃちゃは、飛べるスズメさんは、狙わずに、いつもまだあまり飛べない
巣立ちヒナを狙っています。
巣立ちヒナは、もう少しで飛べる位になると、巣から降りて、植え込みの中
などで、生活するそうです。
そこで、母鳥がエサを運んで来てくれたり、危ない場所にいると、誘導して
くれるそうなんですが、母鳥がいない隙を狙って、1羽になったところを
狙って連れてくるようです。一応、ちゃちゃも頭を使っているんだなぁ~と、
感心している場合じゃないのですが・・・・・・

cyawa4

スズメさんのヒナって、本当に目がつぶらで、とっても可愛いんですよね。
こんな可愛い子をさらってくるなんて・・・・・・親鳥もきっと、心配していると
思うと益々、申し訳ない気持ちになってしまいます。

cyawa2

今年も、そんな季節になりましたが、連れて来ないから、大丈夫かな~~
今年は諦めたかな~~~~良かったわぁ~~~~ふふふ~~~と、
呑気にしていた私は、また先日頭を痛めることに・・・・・・。
今年もまた、捕まえて来てしまいました・・・・・・ハンターちゃちゃさん。

ちゃちゃから、スズメさんを取り上げるのも一苦労です。
取られそうになると必死で、くわえて逃げるちゃちゃ様。
ちゃちゃ、スズメちょうだい。姉やんにちょうだい。と声を掛けると
ポトッとヒナを落としました。いまだ~~~~!!すかさずヒナを救出しました。
しかし、そこからが、大変です。怪我をしていないか、チェックし、
お腹が空いていると弱ってしまうので、ご飯をあげました。
(緊急で、鳥のエサが無い場合は固形のドッグフード、かたゆで卵きな粉、
青虫、蚊、蛾、小さなクモなどの昆虫を与えると良いそうです。
キャットフードは、鳥さんによくない成分も入っているそうなのですが、
チキン味などの肉類フードに限り、与えてよい
そうです。)

cyawa1

母鳥のように、くちばしの端っこをツンツンつついてあげると、
口をパカァ~~と開くので、すかさず口に入れてあげます。
慣れてくると、ヒナも、ピィ~~ピィ~~と鳴いて、催促して来ました。
ある程度、お腹がいっぱいになったのか、今度は、居眠りを始めたので、
少し寝かせてあげました。

ヒナの寝顔を見ながら、その間も、どうしよう?飛べるまで、
育てる自信はないし・・・・・・難しいし・・・・・・また、また
頭を悩ませてしまいました。
そして、以前、スズメSOSと言うサイトで、勉強したことを思い出し
巣立ちヒナのスズメさんを母鳥の元へ帰すことにしました。

cyawa4


長くなってきましたので、次回へ続く・・・・・・。



kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。


東京公園 - 2011.05.22 Sun

tokyo

私が小説を買う時は、いつも本屋さんにふらりと立ち寄り、本の後ろに書いてある
短い説明を読んで、「これ!面白そう!!」って、思ったものを直感で選んでいます。
この「東京公園」もそんな1冊でした。
お話は・・・・・・

写真家を目指す大学生の圭司は、公園で偶然出会った男性から、奇妙な依頼を受ける・・・
「妻の百合香を尾行して、写真を撮ってほしい。」砧公園、世田谷公園、和田堀公園
井の頭公園・・・・・・幼い娘を連れて、都内の公園をめぐる百合香を、カメラ越しに
見つめる圭司は、いつしか彼女に惹かれていくが・・・・・・。

最初は、ちょっと怪しげなドロドロなお話かも?と思って、躊躇しましたが、
パラパラっと、何ページか読んだところ、これはやっぱり面白そうって思って
購入しました。
この本の作者、小路幸也(しょうじ ゆきや)さんの本は、初めて読みましたが
さらりとしていて、読みやすく、読んだ後がとても清々しい気持ちになりました。
何より、主人公の圭司君が、何とも爽やかで、好青年なところが良かったです。
そして、妻の写真撮影を依頼したサラリーマン、公園を幼い娘と巡る人妻の百合香さん
彼を取り巻く友人達、姉、両親など、登場する人物が、みんな魅力的で、優しくて・・・・・・

私も圭司君と一緒に公園を巡っているようなそんな錯覚を抱きつつ、あっと
言う間に読み終えてしまいました。
お互いを思いやる気持ち、それは、親子だったり、夫婦だったり、友人だったり
関わる人達全てに、共通するもの。
主人公の圭司君が、依頼された写真を撮っていきながら、自分に関わる人達の思いを
知り、気付き成長していく姿が素敵です。

写真、公園、私の大好きなキーワード。
5月の新緑の今、公園を散歩しながら、爽やかな風に吹かれて、ぜひ読んで欲しい
1冊です。

tokyo1tokyo2

この本は、三浦春馬君が主演で、映画化されたそうです。今年の6月に公開予定で
共演は、榮倉奈々さん、小西真奈美さん、井川遥さん。
三浦春馬君も、圭司君のイメージに合っているかな~~と思ったのですが
最近個人的に大好きな岡田将生君でも、演じて欲しかったなぁ~~なんて思いました。
どんな風に映像化されたのか、楽しみです。映画も観ようと思います。

 「東京公園」公式サイト 

g1

そして、もう1冊、こちらは、「雑貨とグリーンを上手に飾る100のアイデア」。
題名の通り、雑貨とグリーンを上手に飾るアイデアがたくさん載っています。

g3

アンティーク瓶、ほうろう、ロゴ入り陶器、バスケット、レース、ブリキの雑貨
木箱、テーブルウエア、キッチンツール、お菓子の型など、私の大好きな
アンティーク雑貨とグリーンを上手く、飾る例が写真とともに載っています。

g4

雑貨とグリーンを素敵に飾られているお宅の実例も載っていたり、
ディスプレイ上達講座、アレンジテクニックなども参考になりました。

g2 

いつも多肉さん系が上手く、育てられずに枯らしてしまうことが多いのですが
数ヶ月前から、うちにやってきたグリーンネックレスさんが何とか元気に
頑張っているので、この子達を何とか、可愛く飾ってあげようと思っています。

g5


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。


THE TOURIST(ツーリスト) - 2011.05.18 Wed

to

ジョニー・デップ大好きなので、絶対観に行こうと思っていた
「THE TOURIST(ツーリスト)」。
アンジェリーナ・ジョリーとの豪華共演なところも楽しみにしていました。
この映画、出演者が豪華なだけでなく、スタッフ陣もアカデミー賞受賞者が
集結して作られているとあって、何気に凄い映画でした。
ミステリアスなお話と聞いていたので、観る前から、どんな映画なんだろうと
ワクワクして観ました。

to7

ジョニーが演じるのは、ヴェネチアへ向かう車中で、ミステリアスな美女と
出会い、次第に陰謀に巻き込まれていくアメリカ人旅行者フランク。
大学で、数学を教えている教師で、妻を事故で失い、傷心で一人旅をしている
ところへ、アンジー演じる謎の美女と出会います。
数学を教えている、さえない普通の男性と、堂々とした態度で、ジョニーを
翻弄する美女アンジー。

to6

アンジーは、最初の登場から、ミステリアスで、怪しげな雰囲気全開で、パリの
街を歩く姿もカッコよく、カフェで、フランス語を操りながら、優雅にお茶する姿
もかなり素敵で、この人「何者~~~??」と観る人を自然と引き込んでいく
不思議な魅力に溢れていました。

to8

そして、映画の舞台は、フランスから、イタリアの水の都ヴェネチアへ続くのですが
運河や宮殿、寺院、超豪華なホテルなど、観ているだけで、自分も旅をしているかの
ように楽しめます♪
アンジーの正体は、物語が進んでいくなかで、徐々に明らかになっていきますが
何を考えているのか?心の中が本当に読めなくて、最後まで、振り回されてしまいました。

to1

アンジーと車中で出会った時は、何となく頼りなくて、優しくて、普通な感じ
だったジョニーも、自分とは、かなり違う世界に生きているアンジーに惹かれる
ようになって、次第に変わっていきます。(果たして、変わっていくのか?地なのか
ここがポイントです・・・・・・)
シリアスな演技から、コミカルな演技まで、何でもこなしてしまうジョニー。
今回も、クスッと笑わせてくれる演技が光っていました。
顔は特に好きと言う訳ではないのですが、何故か憎めない可愛さ、素敵さがあって
ジョニー大好きです。実生活でも、奥さんと子供を大切にしているジョニー。
ジョニーのその優しい人柄が演技にも生きていると思うのですが
人としての魅力に溢れている人だなぁ~って、いつも映画を観ると胸キュンして
しまいます。

to2

この後も、待望の「パイレーツ・オブ・カリビアン」の続編が控えている
ジョニー。パイレーツも、子供達に楽しんでもらえる映画に出演したいと思った
ジョニーの気持ちから実現した映画です。
シリーズ続編は、ワールド・エンドの決戦から4年後が描かれているそうです。
史上最強の海賊・黒ひげが、永遠の命をもたらす「生命(いのち)の泉」を
目指して動き出した時、ジャックがかつて愛した女海賊アンジェリカが、彼の
前に姿を現し、呪われた危険な航海へと彼を誘います。
果たして、アンジェリカの真の目的は?最後に永遠の生命を手に入れるものは
誰か?・・・・・・というストーリー。5月20日公開、楽しみですね~~~~。

to4

映画ツーリストも、オススメです。大人の軽い感じのミステリー。
重くないので、軽くドキドキ感が楽しめます。
ジョニー好きな人も、アンジー好きな人も、そうでない人でも、ぜひご覧下さい。


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。



リメイクBOX、瓶、紫陽花 - 2011.05.04 Wed

5月になりました。すっかり桜も終わって新緑の季節になってきました。
少しブログをお休みしておりましたが、またマイペースですが、綴って
いこうと思っています。

re4.jpg

最近、物を作ることからすっかり離れてしまいましたが、久しぶりに
箱をリメイクしてみました。
前のデザインも結構好きだったのですが、他の雑貨と合うように
張り替えてみました。

re.jpg

お気に入りの英字新聞風の包装紙と、WOLCAさんの素材を使ってペタペタと
思うがままに貼ってみました。
ちょっと張り替えただけなのですが、新しい感じになって、気分転換に
なりました。なかなかお気に入りです。

re7

こちらは、1本300円だった紫陽花さんを、ドライフラワーにしました。
3日位逆さに吊るしておいただけで、あっと言う間に綺麗なドライになりました。
元々ドライフラワーにしやすい紫陽花さんだったようです。
茎の曲がり具合も素敵で、ラベルのオオカミさんの絵が可愛い、イギリスの
伝統的な飲み物「ビクトリアンレモネード」の空き瓶に挿して飾っています。

re5

「ビクトリアンレモネード」は、美術館のショップに行った時に見つけました。
マンダリン果汁とジンジャーが入ったシビルオレンジジガーという飲み物も
ありました。美味しそうだったので、今度飲んでみようと思います。
このビクトリアンレモネードは、説明では、最良の原材料と英国で90年以上も
前から守られてきたレシピが使われているそうです。
炭酸もあまりキツクなく、甘さもほとんどなく、レモンとジンジャーの爽やかな
味わいで、かなりさっぱりしています。
こちらの会社は、英国王室御用達のキュリオスティコーラも作っているそうです。
美術館のショップには、コーラは、無かったのですが、コーラも飲んでみたく
なりました。

re6

WOLCAさんのラベルが残っていたので、何か無いかな~と探したところ、
アスコルビン酸(ビタミンC)の茶色の瓶があったので、貼ってみました。
フタがちょうど黄色で、ラベルの色とよく合っていて、見た目、ちょっとした
外国の薬瓶のようになりました。
先程のビクトリアンレモネードの瓶のラベルも黄色っぽく、色合いも
良いので、並べて飾っています。

re3.jpg


kuma
Merci comme toujours.
遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)


NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

Marie*

Author:Marie*
手作り、リメイク、写真を撮ったり、お花や動物も大好きです。ちょこっと手作りを楽しんでいます。可愛い雑貨も大好きで、アンティーク雑貨も好きです。

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アンティーク・ヴィンテージ (30)
雑貨 (103)
手作り(いろいろ) (103)
手作り(あみぐるみ) (26)
本 (41)
小物 (24)
花・植物 (29)
つれづれ (77)
cosme (5)
にゃんこ (46)
映画 (15)
お迎えあみぐるみさん (14)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク


Gaspard et Lisa ? Grani

更新情報

FC2カウンター

Free Area

現在の閲覧者数:

素材でお世話になっています。

apple

maria