topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フランス、LAROUSSE社のクラシック小説 - 2010.12.04 Sat

紫色の表紙が印象的なフランス、LAROUSSE社のクラシック小説です。
フランス人が読む古典文学の小説が綴られているシリーズです。
これは、その中の1冊。フランスでも有名な国民的英雄の
少女、ジャンヌ・ダルクの小説です。

jean2

表紙が劇場の絵柄になっていて、とても素敵です。
年代が経っていて、中もかなり茶けていますが、それにもかかわらず
表紙の色は、きれいに残っています。

jean

ジャンヌ・ダルクは、フランスとイギリスが王位継承で争っていた
百年戦争の際、13歳の頃に、初めて神の声を聞き「フランスを救え」
とのお告げの元に、男装をして、多くの兵を率いて戦い、フランスを
勝利に導いた、わずか17歳の少女でした。フランスの為に戦い続けた
彼女は、最後には、彼女のカリスマ性を邪魔に思ったフランスの王に
裏切られ、宗教裁判にかけられ、異端者として扱われ、魔女の疑いも
かけられ、火刑に処され、短い一生を終えてしまいます。

jean1

私は、以前、バイオハザードのアリス役で有名なミラ・ジョヴォヴィッチ
さん主演の映画、「ジャンヌ・ダルク」を観て、可哀相な彼女の人生を
知りました。フランスのために、その身を投じ、最後まで神を信じ続けて
その命を捧げたジャンヌの生涯がとてもはかなく、胸が痛みました。
普通の少女だったら、もっと、もっと生きられたかもしれません。
普通の幸せも手にすることができたかもしれません・・・・・・。
神は、どうして彼女を選んだのでしょう・・・・・・。

jean3

異端者と言われ、魔女の疑いもかけられて、亡くなっていった彼女ですが
その功績は、今では認められ、ジャンヌが亡くなって500年経ったのち
裁判によって、名誉が回復され、聖人として称えられているそうです。
長い年月がかかりましたが、それでも、彼女の気持ちや思いが
報われたような気がして、その記事を読んだ時、少し胸の痛みが和らぎ
ました。

jean5

「ジャンヌ・ダルク」の小説に、「ロミオとジュリエット」の素敵な名場面の
アンティークのポストカードをおまけに付けて頂きました。
雰囲気があって、こちらも素敵なポストカードです。

jean4



kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)
しばらくの間、コメント欄は、お休みしています。

薔薇のドライフラワー «  | BLOG TOP |  » Agronatura Damask Rose Water

プロフィール

Marie*

Author:Marie*
手作り、リメイク、写真を撮ったり、お花や動物も大好きです。ちょこっと手作りを楽しんでいます。可愛い雑貨も大好きで、アンティーク雑貨も好きです。

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アンティーク・ヴィンテージ (30)
雑貨 (103)
手作り(いろいろ) (103)
手作り(あみぐるみ) (26)
本 (41)
小物 (24)
花・植物 (29)
つれづれ (77)
cosme (5)
にゃんこ (46)
映画 (15)
お迎えあみぐるみさん (14)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク


Gaspard et Lisa ? Grani

更新情報

FC2カウンター

Free Area

現在の閲覧者数:

素材でお世話になっています。

apple

maria