topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゃんこを保護しました 1 - 2014.12.21 Sun

今年もあと10日になりました。夏の終わりに、モコちゃんが亡くなって、我が家は少し
寂しくなりました。いつも元気よく、「にゃーん、にゃーん」と鳴いていたモコちゃん。
ちゃちゃ様よりも大きな声でいつも頑張って「ボクだよ~、ボク帰ってきたよ~」って鳴いて声を掛けて
くれていました。冬は、おコタツに入るのが大好きだったモコちゃん。
天国でも、おコタに入れてるといいね。
ちゃちゃ様も14歳になって人間でいうと72歳のお婆ちゃん猫になりました。
最近では、昔の勢いはおさまったものの、時々ミケちゃんには、まだ「シェー、シャー」と怒る時があります。

そんなミケちゃんも、今年で丸3年、うちの子になって4年目に突入しました。
始めの頃は、ちゃちゃ様に怒られ、萎縮しておびえていましたが、最近は、慣れてきたせいもあり
上手くちゃちゃ様と距離を保って生活しています。
ちゃちゃ様は、1階で生活をしていて、ミケちゃんは、2階の部屋が落ち着ける場所になったせいか
2階で安心して暮らしています。

そんな我が家ですが、また大変な事になりました。
うちは、猫を飼っているせいか、猫が猫を呼ぶのか、はたまた猫好き人間がいるからにゃんこが
寄ってくるのかわかりませんが、1週間程前から、また新しいにゃんこが現れました。
痩せていて、かなりお腹を空かせていたようなので、ご飯をあげてしまうとまた来ちゃうからダメかな
と思いつつ、この寒空の下、お腹を空かせているのも可哀相で、せめてご飯だけと2、3度カリカリを
あげました。

1度は、ちゃちゃ様に見つかって追われて逃げてしまいましたが、お腹が空いていたのか
ちゃちゃ様に怒られながらも、また現れました。
そして、先日「にゃーん、にゃーん」と声を掛けて来たので、ご飯をあげようとして私は
ショックを受けてしまいました。可愛い目だったそのにゃんこの片目が、傷ついて、
白っぽくなっていて、眼球が全部ではありませんが飛び出していたのです。
最初見た時は、「えっ!!!」と目を疑いましたが、猫同士のケンカで引っかかれたのか、見るのも
可哀相な痛々しい目になっていたのです。

「どうしよう?」「お医者さんに連れていってあげたいけど・・・」

モコちゃんの時も、捕獲するのは大変だったのですが、まだ、うちに現れて2、3回の子は、難しい
な・・・・と頭を抱えてしまいました。
ところが、その子は、3度目位で、スリスリしてきたり、グルグル喉を鳴らしたり、人間に対して
あまり警戒心がなく、とても人懐っこい子でした。家にすっと入って、コタツでコロンと寝てしまい
ました。これは、今しかないと思い、洗濯ネットに入れてみたところ、あっさり捕まってくれました。
いつも、うちがお世話になっている先生に電話をして診て頂けることになり、病院に連れて
行きました。

結果は、「傷ついた目は、視力が戻らないかもしれません。でも、片方の目は大丈夫なので
何とか生活は出来るでしょう。」との事でした。
「両目が見えなくても、家の中なら、ちゃんと生活している子もいますよ。」と先生は
話してくれました。
そして、この目を負傷したこの子をどうしたらよいかと、傷が治るまで家の中に入れてあげたい
が、うちには、先住猫のちゃちゃ様と、ちゃちゃ様に怒られているミケちゃんと、2匹飼っているので
どうしたらいいでしょう?と先生に相談しました。

先生の答えは、「1週間生活してみて、合わなかったらダメでしょう。怪我をした子は、可哀相
ですが、先住猫さん達が、元気が無くなったり、居場所がなくなると家出したり、保護した子が
何か病気を持っていた場合、ケンカになったら、先住猫ちゃん達にも怪我から危険が及びます。
可哀相だけど、家に入れるのは、よく考えた方がいいですよ。」と言われました。

私と母は、考えてしまいました。
間違いなく、ちゃちゃ様は、怒ります。ミケちゃんは、おとなしいので、ケンカはしないと思いますが
また気持ち的に落ち着かなくなってしまうのではないか・・・・・
ちゃちゃ様に怒られて、ストレスが溜まってお腹がハゲハゲになるほど、グルーミング
していた時期もありました。
しかし、目を大怪我したにゃんこをこの寒空に外に出すのも可哀相で、かなり悩みました。

病院から連れて帰ってくると、家が気に入ってしまったのか、1歩も外に行こうとしませんでした。
金曜日に保護しましたが、今日も家の中にいます。やはり昔どこかで人間に飼われていた子なのかな?
と思いました。
そして、ちゃちゃ様と顔を合わすと案の定、ケンカになりました。
保護した子は、気が強い子みたいで、ちゃちゃ様に負けずに、うなります。
「ケンカは、駄目だよ、メメだよ!」と人間が間に入ると、2匹とも落ち着くのですが、顔を合わすとやはり
うなりっこします。
みけちゃんは、外にも遊びに行きますが、ほぼ2階で生活しているので、あまり顔を合わせない
ためか、何とかこの争いの中には、巻きこまれていません。
保護した子の存在は、知っていますが、今まで通りに生活しています。

保護した子は、初めての家なのに、おトイレもちゃんと出来る子で、ここでするんだよ~と教えたら
すぐにちゃんと出来ました。爪とぎも、ここでするんだよと教えたら、次からは爪とぎ器でするように
なり、人間の言う事を理解していて、とても頭がよく人懐っこい子です。
ちゃんと飼ってあげれば、良い猫に育つと思います。良い子なので
飼ってあげたい気持ちもあるのですが、先住猫さん達のことを考えると困ってしまいます。

老猫のちゃちゃ様にも、ストレスも掛かってしまうし、ミケちゃんにも・・・・
かと言って、目を怪我している子をまた外に出すのも可哀相で・・・・
里親さんを探そうとも考えていますが、目にハンデを負った子を育ててくれる人は、かなり狭まって
しまうでしょう。余程、猫好きな人でないと、飼おうと思ってくれないかなと思います。

地域で猫のボランティアさんを探しましたが、唯一見つけたボランティアさんは、地域猫の
お世話だけになってしまい、保護はしてくれなくなってしまったようです。
うちの方は、あまりボランティア活動の方がいらっしゃらないみたいで、そういった所で
預かってもらうのは、無理だと諦めました。
あとは、里親さんを探すしかないのですが、それもハンデがある子を引き取ってくれる人は
なかなかいないと思います。年齢も推定1才くらいで、子ネコでないことも、ネックになって
います。やはり、子ネコは、早く貰い手が見つかるようですが、成猫になると難しいみたいですね。

ただ縁があってうちに来た子なので、視力は回復しないかもしれないけれど、傷は治してあげたい
なと考えています。
猫に対して、攻撃的なところを抜かせば、本当に人懐っこくて、聞き分けもよくて、
良いにゃんこちゃんなんです・・・・。3匹がせめてケンカをしないで、距離を保って生活してくれれば
良いのですが・・・・大変ですが、にゃんとか、しばらく頑張りたいと思います。

寒さも厳しくなってまいりましたので、皆様もお身体ご自愛くださいませ。


kuma
Merci comme toujours.
いつも遊びに来て下さって、ありがとうございます。(*^-^*)



● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

アンティーク風ポケットティッシュケース «  | BLOG TOP |  » コラージュカレンダー

プロフィール

Marie*

Author:Marie*
手作り、リメイク、写真を撮ったり、お花や動物も大好きです。ちょこっと手作りを楽しんでいます。可愛い雑貨も大好きで、アンティーク雑貨も好きです。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

最新コメント

カテゴリ

アンティーク・ヴィンテージ (30)
雑貨 (103)
手作り(いろいろ) (103)
手作り(あみぐるみ) (26)
本 (41)
小物 (24)
花・植物 (29)
つれづれ (77)
cosme (5)
にゃんこ (46)
映画 (15)
お迎えあみぐるみさん (14)

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク


Gaspard et Lisa ? Grani

更新情報

FC2カウンター

Free Area

現在の閲覧者数:

素材でお世話になっています。

apple

maria